スキャルピングFX道場
~手法や勝ち方、おすすめ会社ランキング~

「マネックスFX」はスキャルピングと相性抜群!メリットや評判を解説

取引ツールに定評があるマネックスFXでのスキャルピング

取引ツールに定評があるマネックスFXでのスキャルピング

マネックスFXは取引ツールが便利である点で人気があります。ブラウザツールでも十分に使えますが、Monex FX SPEEDという高機能ツールがスキャルピングでも役に立ちます。

マネックスFXの取引ツールはパソコンのブラウザ版のほかにスマートフォン用のアプリも用意してるので、いつでも場所を問わず好きな時に、チャンスを逃すことなくスキャルピングを行うことが可能です。

今回はこのマネックスFXの特徴と評判についてご紹介します。ポイントはスピードを重視したツールを提供していることと、システムの安定性が抜群であるということです。

マネックスFXの基本情報

マネックスFXの基本的な情報をご紹介します。

もとは東短エイジェンシーの子会社

マネックスFXはもともと東京短資グループの東短エイジェンシーという会社の子会社でしたが、2008年にマネックスグループ株式会社の子会社となったものです。

その後2015年にマネックスグループ株式会社の子会社となるマネックス証券株式会社に吸収合併されています。

ちなみに東京短資は日本に3社しかない短資会社(金融機関同士において短期的資金の賃借や仲介をする会社)のうちの1社です。

マネックスFXを運営しているマネックス証券の設立は1999年です。

1998年に日本で初めてオンライン証券が誕生したことから考えると、老舗の会社といえますね。

そのマネックス証券のノウハウを生かしてサービス提供しているだけあって、スキャルピングにおいても安心感のあるFX業者との評価を受けています。

2018年11月時点での口座数は249,753口座です。最小取引単位は1,000通貨、通貨ペア数は16通貨ペアとなっています。信託保全は三井住友信託銀行と日証金信託銀行に分けて管理することでリスクを分散しています。

続いて取引に関する情報をご紹介します。

取引における情報

マネックスFXの取引手数料は無料です。

1回あたりの発注上限は300万通貨、最大レバレッジは25倍となります。

レバレッジコースが1倍から25倍まで用意されているので、どれかを選ぶ方式となっています。

最小スプレッドは米ドル/円が0.2銭・ユーロ/円が0.4銭・ユーロ/米ドルが0.3pipsとなります。

注文数量に応じてスプレッドは変動します。取引時間は米国標準時間では日本時間の月曜日の7時から土曜日の6時55分まで、米国サマータイム時は7時から土曜日の5時55分までとなっています。

この最小スプレッドは1,000通貨から10,000通貨の場合で、11,000~1,000,000通貨の取引の場合には米ドル/円で0.3銭、1,001,000~2,000,000通貨ならば0.5銭になります。スキャルピングで細かく利益を積み上げるのであれば、スプレッドが少なくなる通貨量で行うとよいかもしれません。

マネックスFXのロスカットルールは、レバレッジが1~10倍で証拠金維持率が30%以下~100%以下、レバレッジ25倍になると50%以下~100%以下となります。

また通知機能としてアラート・プレアラートにより維持証拠金が少なくなると知らせてくれます。

ちなみにマネックスFXはマネックス証券のFX PLUSとは違うので、間違えないようにしましょう。

マネックスFXはマネックス証券のFX PLUSとは別物

マネックス証券はFX PLUSというサービスを提供しているので、マネックスFXと混同しそうですが別物です。

マネックス証券のFX PLUSは証券総合口座の一部なので、株式や投資信託で使っている資金をそのまま流用することができます。

一方でマネックスFXは別の専用口座を開設する必要があります。システムもFX取引専用のものを使っているので、スキャルピングのような繰り返し売買をする場合にはこちらの方が安定しているでしょう。

次にマネックスFXの特徴でありスキャルピングとの相性も抜群のトレードツールをご紹介します。

知っておくべき特徴やメリット

知っておくべき特徴やメリット

マネックスFXの特徴でありスキャルピングにおけるメリットといえるのが、スピード感をもって取引できるトレードツールと約定スピードの速さです。

スピードに特化したトレードツール

 

マネックスFXでは、Monex FX SPEEDというツールを用意しています。

ひとつの画面にチャートや通貨ペアの値動き、注文画面などが揃っているものですが、スキャルピングにおいてもその使いやすさに定評があります。

ブラウザ版とスマートフォン版とがありますが、ブラウザ版の場合にはトップ画面の上にある「高機能取引ツール」をクリックすれば立ち上がります。

ツールを使わずに通常のトップページからでも、チャートや各通貨ペアの値動きを表示している状態で注文を出すことはできます。

しかし表示パネルの大きさなどを変更できるMonex FX SPEEDを使うと、スキャルピングのように細かな値動きを見る時は便利です。

Monex FX SPEEDではチャートにトレンドラインなどの線描写ができるので、自分なりに工夫をして分析することができます。

そこまでの機能は必要とせずに、チャートへの書き込みはしないのでシンプルに最低限必要な情報のみを表示したいという場合には、Lite版も用意してあります。

スキャルピングのために細かな値動きを確認したい時には、チャートを大きく表示しておくとよいでしょう。パネルは大きさも位置も好きなように決めることができます。

注文はストリーミング注文画面から発注すれば、決済同時発注という注文を自動的に出すこともできます。

これは、どのくらい値が動いたらポジションを決済するのかをあらかじめ注文できる機能です。

たとえば10pips(pipsは為替レートの最小単位のこと)動いたら損益に関わらず決済するように設定をしておくだけで、あとはそのまま放置しておくこともできます。

エントリー(買いか売りかの注文を出すこと)だけをしておいて、あとはそのまま放置しておいても自動的に決済されるので便利です。

チャートもトレンドラインなどを引いておいて、サポートラインを割り込んだら売り注文を発注するといったように即座に注文を出すというように使えます。

ほかにもトータルコントロール機能を使うことで、現在抱えているポジションの損益を視覚的にひとめで把握できます。

ポートフォリオ画面では、口座状況や評価証拠金、レバレッジの確認や建玉状況といったものを簡単に確認できるようになっています。

このように高い機能性を持っているので、スキャルピングのように瞬時に売買のタイミングを判断しなければならないユーザーにも応えるツールといえるでしょう。

以上はパソコンのウェブ版についての説明ですが、スマートフォンのアプリもシンプルで使いやすいようになっています。スマートフォン版でもチャート画面から直接注文を出すことも可能です。

それでは次に、マネックスFXの約定スピードについて説明します。

約定スピードも速い

マネックスFXは安定したシステム運用と約定スピードの速さにも定評があります。これは徹底した監視体制を整えているのが理由です。

まず監視システムとしてサーバーやネットワークトラフィックのシステム監視、レート配信状況と約定執行処理状況のサービス監視、口座数や約定数といったビジネスボリューム管理といった項目を24時間365日体勢で運用スタッフが確認をしています。

さらにシステム利用率を監視して安定したシステム・リソースを確保できるようになっています。

また安定した約定を確保するために、約定や注文などの数といったシステム・リソースの利用状況を分析して、必要があればハードウェア増強なども行っています。

このような徹底したシステム運用により、約定力の高さに加えてスピードの速さも確保しています。もちろんスリッページ(注文時よりも不利に約定してしまうこと)が少ないので、わずかな値動きで利益を確保するスキャルピングに向いているといえるでしょう。

それでは実際にマネックスFXでスキャルピングをしている人の評判と口コミをみてみましょう。

気になる評判と口コミ

マネックスFXの評判と口コミを価格.comから集めてみました。まずはスプレッドの狭さを評価する口コミからご紹介します。

スプレッド0.2銭はスキャルピングに有利

業界最小スプレッドと銘打っているFX業者は0.3銭がほとんどですが、マネックスFXは10,000通貨までなら0.2銭(ただし米ドル・ユーロ・円の通貨ペア)となる点が高く評価されています。

やはりスキャルピングはほんのわずかな値動きで利益を出していく手法なので、わずか0.1銭でもかなり有利という意見が多くみられます。

ただし10,000通貨を超えるとスプレッドは大きくなっていくので、取引量が多い人にとっては不満もあるようです。

その点からマネックスFXは、少ない証拠金で練習を兼ねて取引をする初心者にベストといえるかもしれません。

次にマネックスFXの特徴ともいえる取引ツールに関する口コミをみていきます。

取引ツールは使い勝手と機能面でおおむね高評価

マネックスFXの代名詞ともいえるMonex FX SPEEDの使い勝手はどのような評価なのでしょうか。

操作性に関しては高評価が多いようです。最初は戸惑うという声もありますが、初心者でも慣れれば使いやすいという声もあります。

また約定のしやすさとシステムの安定感に関しても満足できるという口コミが多いようです。

そのほかに注意点などの口コミもご紹介します。

初心者にも使いやすいとの声が多い

サポートに関しても親切に対応してくれるとの声もあります。

取引画面が分かりにくいとのことで問い合わせをしたとのことですが、わかりやすく教えてくれたようです。このような対応も初心者にとっては嬉しいものです。

ほかに入手金もスムーズに行えるなど、細かな点でも使い勝手の良さを取り上げる声もあります。

まとめとスキャルピングFXに向いている理由

マネックスFXの約定力の高さと取引ツールの使い勝手の良さはやはりスキャルピングを行う場合にも評価が高いようです。

特にシステムの安定性はスキャルピングをする人にとっては重要なポイントなので、安心して利用できるでしょう。

また10,000通貨までの取引と制限はありますが、スプレッドがわずか0.2銭というのもスキャルピングには申し分のない条件といえます。

以上の点から初心者がスキャルピングを始めるための条件が揃っている業者ではないかと思います。